Wedding

指輪の送り方

プロポーズに添えるのではなく

愛する人にプロポーズを考える、そんな時に添えるものは婚約指輪となんとなく決まっているのですが、ちょっとだけ考えを変えてみるのもいいかもしれないです。プレゼントするのではなく、一緒に作ろうと声をかける、贈るために買う場合は事前に彼女の気持ちをリサーチするのが普通ですが、サプライズを夢見る場合はあまりにも露骨にするとばれますし、それでは面白くないかと思われます。ですのでいっそのこと二人で一緒に手作りという形にすれば、作業中のことも後から振り返ればいい思い出になって、大切な婚約指輪に刻まれるというわけです。 そして最近ではあちこちで手作り指輪のサービスを行っていますので、どのようなものが作れるのか、価格はいくらかと調べて訪れるといいです。

二人での作業は思い出のひとつ

そもそも婚約指輪は結婚指輪と違って最近では省略されることも多くなってきているのです。結納もそうですが、儀式的なものよりも今後の生活をとるというか、全体的につつましいというか現実的な考え方をする人が増えてきて、見栄を張る必要もなくなってきているのです。それでも記念の品というのは嬉しいもので、結婚指輪がシンプルな分、婚約指輪は華やかなものを望む方は多いと思います。さらには気持ちを込めてとなると、手作りというのはひとつの手段になるのです。 ただ不器用な性質でという方もいらっしゃると思いますが、手作り指輪はプロの方が手伝ってくださるので、それほど気張る必要はなく、大切なのは気持ちをこめるということになるのです。